開業届はお済ですか?個人事業主イロハ

結構簡単です!開業届の記入方法をご紹介

Recommend

About me

税理士として、フリーランスや店舗経営など、個人事業主として奮闘している人たちをサポートしています。

開業届の記入の仕方

開業届の記入の仕方 個人事業主の開業届は、簡単です個人事業の開業届は、1枚だけの簡単なもので、国税庁の公式HPからダウンロードすることができます。書き方もほとんど難しいところはありませんが、項目ごとに確認していきましょう。

提出するのは「個人事業の開業・廃業等届出書」

パッと見ると、項目が細かいので難しく見えるかもしれませんが、記入する欄は少ないので心配いりません。
まずは左上の提出先の税務署名と提出年月日。これは事務所ではなく、個人事業主の住所を管轄する税務署名を書きます。住所に一番近い税務署です。心配な方は最寄りの税務署に電話して確認しましょう。提出年月日は実際に提出する日を記載します。税務署まで出向いて提出してもいいすし、郵送でも可能です。
次に右上の納税地欄を記入します。事務所があれば「事業所等」に○を付け、自宅開業なら「住所地」または「居住地」どちらでもいいので○を付け、その下に住所の地番と電話番号を記載します。その下の「上記以外の住所地~」は事務所が複数ある場合にのみ記載します。なければ空欄で構いません。
その下の「氏名」と「生年月日」を記載し、「職業」欄は「コンサルタント」とか「小売販売業」など業種の内容を記載します。「屋号」の欄は自分で決めた屋号を記入します。真ん中より下の部分は「届出の区分」で「開業」に○を付け、事務所等の住所を記入します。「開業・廃業日」欄の「開業」にも○を付け、開業日を記入します。開業日は自由に設定できますが、提出日から遡って1年以内の年月日にしてください。

青色申告を希望するなら、開業届けと一緒に手続き

青色申告をするなら、「開業・廃業に伴う届出書の提出の有無」欄で、「青色申告承認申請書」に○を付け、「有」に○を付けます。そして「消費税に関する課税事業者選択届出書・又は事業廃止届出書」欄で「無」に○を付けます。そして「事業の概要」欄には、これから始めようとする事業の内容を書きます。できるだけ具体的に書いてください。上の「職業」欄で書いた事業で実際は何をするのか、ということです。最後に下部にある「源泉所得税の納期の特例に関する申請書の提出の有無」欄で「無」に○を付け終了です。

自分用の控えとしてコピーをとるのを忘れずに

時間に余裕があるのであれば、税務署へ直接出向くのが一番安心ですが、時間がなければ郵送で提出することも可能です。その際に注意することは、保存用に1枚コピーを取ることです。今後何かと証明などで税務署の受付印が押された開業届の写しが必要になることがあるからです。コピーをとったら切手を貼った返信用封筒と原本に「受理印押印のうえ事業主控えの返送を宜しくお願いします」と一筆書いたポストイットなどを貼り付けて、全てを同封したら郵送用封筒に入れて税務署へ送りましょう。後日、税務署の受理印が押印された開業届の控えが郵送されてきます。

おすすめ記事ピックアップ

これから個人事業主として開業する方へ

何事もタイミングは重要です。タイミングの良し悪しが、最後まで尾を引き、結果に影響するということもあるのは事実です。タイミングが悪くて失敗したという経験を持つ人も少なくはないでしょう。個人事業主としての開業も、まさにこのタイミングが重要です。社会的地位の高い会社員のうちにしかできない準備も色々とあるものです。特に、資金に関しては入念な準備が必要です。個人事業主として独立するということは、会社を退職するということ。退職すると同時に社会的地位も月々の安定収入も手放すことになります。

開業前の準備費用は必要経費?

個人事業主として事業をスタートするにあたっては、開業準備に様々な費用がかかるものです。Wwbサイトを立ち上げたりチラシを作るなどの宣伝広告費や印鑑作成費、文房具などの細かいものを含む各種備品代など、思っている以上に物入りになります。そしてこれらのものは開業前から準備する人が多いでしょう。個人事業を開業するために必要となるこれらの費用は、必要経費として認められるのかどうかについて説明します。結論から言えば、「開業費」という勘定科目でまとめて処理をすることになりますが、正確に言うと「経費」ではありません。

青色申告の帳簿の付け方

65万円の青色申告特別控除を受けられることが、青色申告を選ぶ最大のメリットです。しかし、この控除を受けるためには複式簿記という方式で帳簿を付け、各種帳簿を管理しなければならないという条件がつけられています。日々の取引を複式簿記に基づいて記帳し、現預金出納帳や総勘定元帳などの各種会計帳簿を作成、保管し、12月末を決算日として貸借対照表と損益計算書を作成します。経理知識がない人にとっては眩暈がするかもしれませんが、会計ソフトに日々の取引を入力すれば、自動的にこれらの帳簿は作成できます。

pagetop page top