開業届はお済ですか?個人事業主イロハ

売上や経費など日々の取引を記録!個人事業主の帳簿の付け方

Recommend

About me

税理士として、フリーランスや店舗経営など、個人事業主として奮闘している人たちをサポートしています。

青色申告の帳簿の付け方

青色申告の帳簿の付け方 青色申告のススメ個人事業主にとって税務申告は大変重要なものになってきます。これを上手く乗り切るかどうかで資金のやりくりにも大きく響いてきますし、金融機関に融資を受ける際にもこの申告が参考にされることもあります。それだけに、青色申告をしていれば受ける恩恵は大きいといえます。

青色申告と白色申告の違い

個人が納税報告をするには青色申告と白色申告がありますが、この内、白色申告が圧倒的です。それだけ簡単ですし、何と言っても税理士などの助けも要らずに全て自分で行うことが出来るために、事業所が小さいと白色申告のまま経営を続けてしまいがちです。しかしこの分かれ目になるのが税控除の存在です。青色申告は詳細に税務報告をするので損益計算書などを作成したりと面倒なのですが、それだけ控除の額が広まり、青色申告をすると65万円分の所得税等控除が得られるようになっています。これだけでも青色申告をする価値は十分に有りますし、何より青色申告は財務管理の上でも大変好ましいものです。

青色申告の帳簿の付け方とは

青色申告をする上でネックになるのが帳簿の存在です。税理士や法律に詳しい人でないと、少々とっつきにくいのがこの帳簿であって、せっかく作成した帳簿が年度末の申告で税務署にはねられてしまうこともよくあります。昔よりは大目に見てくれるようになったとはいえ、やはり素人には中々難しい物があるのがこの青色申告の帳簿なのです。とはいえ、最近では個人でも利用可能な会計ソフトも沢山出てきており、こういったものを使用するだけでその能率は大幅に向上します。厄介とされる複式簿記についても、複式簿記の知識がなくても、その会計ソフトの手順に従って取引を入力さえしておけば各種帳簿は勝手に作れるものが多いため、白色申告と余り変わらない感覚で青色申告を出来たりします。青色申告は細かくやればやるほどその節税効果を発揮できるものであり、会計ソフトで作成したものを一度税理士にチェックしてもらったり、指導してもらうことでより正確なものにしていくことが出来ます。

実際の帳簿の付け方とは

青色申告の帳簿の付け方は基本的に複式簿記です。これは物事を2つの側面からとらえる簿記の方法と言ってもよいでしょう。例えば八百屋で100円のネギを買ったら、現金100円を支出して、ネギという消耗品を手に入れることになります。つまり複式簿記で言えば現金という科目が100円減り、消耗品費が100円増えるという扱いになります。複式簿記は厄介とされていますが、基本的には誰にでも理解出来るようなものでありそこまで難しくはありません。まずは小さなところから学んでいって徐々に必要な知識を押さえていけば、専業の税理士さんがいなくても十分にやっていけるものです。

おすすめ記事ピックアップ

これから個人事業主として開業する方へ

何事もタイミングは重要です。タイミングの良し悪しが、最後まで尾を引き、結果に影響するということもあるのは事実です。タイミングが悪くて失敗したという経験を持つ人も少なくはないでしょう。個人事業主としての開業も、まさにこのタイミングが重要です。社会的地位の高い会社員のうちにしかできない準備も色々とあるものです。特に、資金に関しては入念な準備が必要です。個人事業主として独立するということは、会社を退職するということ。退職すると同時に社会的地位も月々の安定収入も手放すことになります。

開業前の準備費用は必要経費?

個人事業主として事業をスタートするにあたっては、開業準備に様々な費用がかかるものです。Wwbサイトを立ち上げたりチラシを作るなどの宣伝広告費や印鑑作成費、文房具などの細かいものを含む各種備品代など、思っている以上に物入りになります。そしてこれらのものは開業前から準備する人が多いでしょう。個人事業を開業するために必要となるこれらの費用は、必要経費として認められるのかどうかについて説明します。結論から言えば、「開業費」という勘定科目でまとめて処理をすることになりますが、正確に言うと「経費」ではありません。

青色申告の帳簿の付け方

65万円の青色申告特別控除を受けられることが、青色申告を選ぶ最大のメリットです。しかし、この控除を受けるためには複式簿記という方式で帳簿を付け、各種帳簿を管理しなければならないという条件がつけられています。日々の取引を複式簿記に基づいて記帳し、現預金出納帳や総勘定元帳などの各種会計帳簿を作成、保管し、12月末を決算日として貸借対照表と損益計算書を作成します。経理知識がない人にとっては眩暈がするかもしれませんが、会計ソフトに日々の取引を入力すれば、自動的にこれらの帳簿は作成できます。

pagetop page top